克服方法父性の重要性

旦那にイライラしてムカつく本当の原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那にイライラしてムカついてしまい、怒りがおさまらないあなたへ

あなたは以下のようなことで悩んでいませんか?

・必要以上に旦那に怒鳴ってしまったり、ヒステリーになってしまう。子供にもいつも怒鳴ってしまう。

・怒鳴った後、なんてダメな母親なんだろうか?と罪悪感を感じてドッと疲れてしまう。

上記のような悩みのレベルだと、まだ一般の家庭でもよくある普通の悩みと言えます。

子育てしているとイライラすることって多いし、旦那はあなたの思った通りに動かないので怒りを爆発させてしまうことも多々ありますよね。

しかし、もし、あなたの悩みのレベルが以下のような人達と同じだった場合はカウンセリングを受けることをおすすめいたします。

●夫に必要以上にイライラしてしまう30代主婦 Sさん

「旦那に対して必要以上にイライラして怒りをぶちまけてしまいます。

子供にも毎日のように怒鳴りつけてしまいます。

このループから抜け出したいです。

ママ友の事や子供の事、旦那の事がこんな私のせいで色々な悪い影響を与えるんではないかと不安で仕方ないです。

子供を今の私のようにしたくないんです。

主人は優しく色々してくれます。こんなにも出来てる人に私はこれ以上何を求めてるのでしょうか?

女の子2人が旦那に甘えて主人も嬉しそうにしてる姿が嫌になることはしばしばです。

どうしても嫉妬してしまい、意地悪をしたくなってしまいます。

私を一番に思って欲しいと思ってしまいます。

どうしたら解決できるでしょうか?」

●16歳の娘が中1より不登校になっている40代主婦 Mさん

「娘の苦しい状態をみているとそれを改善する一歩は「母娘の関係」

とりわけ私の子供の頃からのトラウマを解消しなければいけない、目をそらさないで事実を見つめなければと思っています。

幼い頃から、母からの我慢と努力の強制、母の愚痴の聞き役、

父のお酒が入りすぎて家族の雰囲気が悪くならないようにおどけてお酒を飲みすぎないよう毎日気を使ってました。

娘をみていると、「私はこんなに頑張って、我慢してきたのに」と思ってしまうので
頑張るのも、我慢も違うとわかっていながら娘を羨ましく思ってしまいます。

私のトラウマの解消、娘との関わり合い方を改善したいです。」

●夫に強く当たり過ぎてしまう30代主婦 Tさん

「自分の母親に対してはいい娘に見られたい、迷惑をかけたくない、嫌われるのが怖い、自立してる所をアピールして安心させたい、褒められたい、弱音を吐けない。また精神的に弱く扱いづらい姉より聞き分けを良くし優位に立つことで母を安心させたい、可愛がられたい。母が姉を悪く言っていると自分は好かれているのだとホッとする反面、いつ自分も嫌われるかと恐ろしくなる。

夫に対しては強く当たりすぎてしまったり傷つける事を意図的にしてしまう。異様に腹が立つ。

こどもたちにこのような苦しい生き方をさせたくないが、無意識に受け継がせているのではないかと絶望的になる。のびのびと愛し愛される人生をおくってほしい。自分もそうなりたい。ただそれはどういうことなのか分からない。やろうとすると不自然でぎこちなく嘘くさくなる。

実父とは6歳のときに死別しています。」

●三男が暴れて手が付けられない40代主婦 Nさん

「以前より「生きづらさ」を感じていました。子どもの頃は父と過ごす時間が苦痛でしたが、何とか我慢していました。成人する頃には父とは毎日ケンカになりました。

父の目の届かない大阪に就職しましたが帰省する度にケンカし、帰宅を早めてばかりいます。現在は帰省をしない事で自分の気持ちが落ち着いていました。

しかし三男との関係が悪く、毎日の生活がとても辛く感じています。まるで父と過ごしているようです。家の中がギクシャクしており、笑顔でいることができません。

また最近は主人がとてもダメな人に思えて、イライラします。毎日をもっと楽しく感じたいです。家族との関係性を改善したいです。」

●三人の子供が不登校になってしまって困り果てている40代主婦 Kさん

「現在3人の子どもが不登校で、いろいろ考えて、アダルトチルドレンに行き着きました。それで、H先生のカウンセリングを何度か受けたのですが、私には父性が必要とのことから、大堀さんをご紹介くださいました。

ワンマンな父親に対しては、昔から反発心、怒りがあり、経済的にも負担してきました。ガミガミとさした話し方で自分の考えが全ての人なので、母親は参ってしまいました。

私自身、結婚して、主人や子どもたちにイライラする毎日でした。どうして家族でいることを楽しめないのか、イライラするのか、やはり、自分がそうゆう環境で育ったからかと。」

いかがだったでしょうか?

上記のお悩みはアダルトチルドレン専門カウンセリングに申し込まれた人の生の声です。あなたも共感する部分あったのではないでしょうか?

旦那にイライラしてムカつく本当の原因とは?

・夫に必要以上にイライラして怒りをぶちまけてしまう

・子供への嫉妬心を持ってしまう

という悩みをもっているのは機能不全家庭(親が親としての役割・機能を果たすことができない家庭)で育ったアダルトチルドレン(AC)と呼ばれる人達です。

子供に嫉妬してしまうお母さんに共通している特徴

・父親に甘えたことがない

・父親に褒められたことがない

・父親とまともな会話をしたことがない
・小さいときから「甘えてはいけない」「わがままを言ってはいけない」と思ってきた

・母親のために我慢して気を遣って生きてきた

ということです。

幼少期に母親のために我慢してきた人が母親になったとき、「私はあんなに我慢してきたのに、この娘がこんなに甘えるのは許せない!」

「私はお父さんに甘えたことがないのにこの娘だけずるい!」と自分の中のインナーチャイルドがわが娘に嫉妬してしまうということが起こるのです。

ちなみにインナーチャイルドとはどんな人の中にもいる過去の未熟な子供の部分のことです。

旦那に必要以上にイライラしてしまう原因は、旦那にお父さんを求めて過度に甘えてしまっているということなのです。旦那への怒りの正体は実はお父さんに対する怒りだったのです!

悩みを解決する方法

では、具体的にどうすればこの悩み(夫への過剰な怒り、子供への嫉妬)から解放されるのでしょうか?

それは、お父さん代りになってくれる父性のある男性からしっかりとインナーチャイルドを承認してもらうことです。お父さんに対する未完了な感情を満たして完了させることです。

また、自分がお母さん代りになってしっかりとインナーチャイルドを承認してあげることです。お母さんに対する未完了な感情を満たしてあげることです。

この悩みは実はカウンセリングを受ければ、比較的早く解決する部類であり、必ず改善する鉄板の悩みでもあります。

ここまで読んで、「私のことだ!」と思ったあなたへ

あなたは今まで一人で何とかしようとがんばってきたことでしょう。

でも、そろそろ一人でがんばることに限界を感じていませんか?

一度、アダルトチルドレン専門のカウンセラー、父性の専門家の力を借りてみませんか?

【アダルトチルドレン完全卒業 無料動画セミナー】にご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

はじめまして。アダルトチルドレン専門カウンセラー 父性の専門家 大堀 亮造(おおほり りょうぞう)です。お父さん役ができるカウンセラー日本一を目指しています。 3人の娘の父親としての経験を活かしながら、住みたい街ランキング第1位の東京 吉祥寺の一室(吉祥寺駅から徒歩7分)でアダルトチルドレン専門のカウンセリングを行っています。 2007年に心理カウンセラーの民間資格を取得してから、延べ2,259件のアダルトチルドレンのカウンセリング実績(2017年10月時点)があります。男女の比率は15:85で女性が多いですが、最近は男性からの相談も増えてきています。 私はアダルトチルドレンの専門家かつ、父性の専門家です。あなたが長年抱えてきた疑問にすべてお答えすることができます。アダルトチルドレンの人がどんなステップで、どう改善していけばよいのか?について熟知しています。

2018年1月11日にアダルトチルドレンと父性の関係について詳しく書いた書籍「なぜ、あなたのアダルトチルドレンは改善されないのか?父親から愛されなかったあなたへ」を出版しました。 ※アマゾン「親子関係」売れ筋ランキングで第1位になりました!

私の強みは、あなたのお父さん代わりとなって、ただ癒すだけの母性的カウンセリングではなく、あなたの人生を励まし、応援しながら自信を与えて自立させる父性的カウンセリングができること、普通の家庭で育った普通のお父さんなので、アダルトチルドレンに「普通とは何か?」を教えることができることです。