克服方法父性の重要性

アルコール依存症でうつ病の家族を世話してきたアダルトチルドレンのあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルコール依存症とアダルトチルドレン

恐らくこの記事を読まれているあなたはアルコール依存症について、かなり辛い記憶を持っていることだと思います。

そもそもアダルトチルドレンという言葉は、今では「機能不全家庭で育ち、成人した人々」という広義の意味になっていますが、もともとの発祥は「Adult Children of Alcoholics(アルコール依存症の親の元で育ち、成人した人々)」なのです。まさにあなた自身がそうであったのではないでしょうか?

アルコール依存症になってしまうと、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなってしまいます。アルコールを飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなるのです。中にはうつ病になってしまい、人格まで変化してしまう人もいます。あんなに優しかったお父さんやお母さんがお酒を飲むと人格が変わって怒鳴り散らしたり、暴れたり、暴言を吐いたり、物を壊したり・・・そんな嫌なことがたくさんあったかもしれません。

イネイブラー・共依存者とは?

アルコール依存症になった患者に治療を施し、せっかく良くなっても、家族の元に帰すとまた悪くなって元に戻ってしまうことが多々ありました。実は、アルコール依存症の夫を甲斐甲斐しく世話を焼いて支える妻の方にも問題があるということが判明し、「共依存(きょういぞん)」と呼ばれるようになりました。

お互いがお互いに依存し合う関係性=共依存です。

共依存者(イネイブラーとも呼ぶ)とは「自分を必要とする人を必要とする人」と言えます。

よくあるパターンとして、
・共依存者である妻がアルコール依存症の夫を世話する
・共依存者である子供がアルコール依存症の親を世話する
ということで自分自身の存在価値を見出しているのです。

これを読んでいるあなたもまさに共依存者=アダルトチルドレンかもしれません。

アダルトチルドレンの親は子供の精神状態なので、親としての役割・機能が正常に果たされず、親子関係が逆転しています。要するに子供の方が親の面倒をみたり、ケアしたりする役割を担うことになってしまいます。

親がアルコール依存症だった場合、子供は常に親をお世話して役に立つことで自分の存在価値を保とうとするのです。そのことによって、子供のうちから親のお世話をする習慣が無意識についてしまいます。

かわいそうな親を助けてあげるつもりでやっていることが実は返って親のためになっておらず、ますます親が子供に甘えて依存し、子供も親も自立することができないというパターンに陥っている人がとても多いのです。

また家庭を出た後も考え方が逆転しているので、普通に考えたら助ける必要がない人、助けてはいけない人に対して同情して優しく助けてしてしまうことで相手に依存され、利用されてしまいます。

相手に「NO」と断れないことから依存される関係がますますエスカレートします。ついに限界を感じて「NO」と伝えると期待した相手は逆上して罵詈雑言を吐かれ、ストーカーやDVへと発展して関係が破綻するというパターンを繰り返します。

これを解除するには親代わりになってくれるカウンセラーと対話を重ね、正しい親子関係を体験する必要があるのです。

依存症になる本当の原因とは?

あなたは依存症の本当の原因を知っていますか?

そもそもすべての依存症というのは、「健全に人に依存できないことによって生じる病気」なのです。

ですから、あなたの親がアルコール依存症ではなく、ギャンブル依存症、パチンコ依存症、恋愛依存症、買い物依存症、薬物依存症・・・いずれの依存症であったとしても、原因はみんな同じです。

誰かに健全に依存できない状態であり、極度の「苦しさ」「寂しさ」から一時的に逃れるために依存症が必要だったということなのです。依存症の人を責めるのは簡単ですが、実際に人間は同じ環境や状況に置かれると同じような依存症になってしまう可能性があることを知らなければなりません。健全な人間関係が育っていない人はみな孤独感を抱えており、依存症になるリスクを抱えているのです。

もし、あなたの親がアルコール依存症であなたが辛い体験をしていれば、あなた自身が親になったときに同じような環境と状況に置かれたら、同じようにアルコール依存症を繰り返す可能性が高いのです。これを家族連鎖といいます。家族連鎖を断ち切るためには過去の自分を感情的に癒し、親から精神的に自立する必要があるのです。

共依存や家族連鎖を改善するには?

共依存や家族連鎖を改善させるためには、アダルトチルドレンに精通したアダルトチルドレン専門カウンセラーのカウンセリングがおすすめです。しかも、女性ではなく、男性カウンセラー。母性ではなく父性のカウンセリングがおすすめです。

女性カウンセラーでは依存症の人を立ち直らせることはできません。依存している状態を自立させるには「父性の力」が必要だからです。父性とは簡単に言うと、「責任をとる力」「決断する力」「指導する力」などリーダーシップをとる力のことです。父性重視のカウンセリングを受けることで、人生の主体者として、人生のリーダーとして、自覚させることで精神的に自立することができるのです。

親がアルコール依存症だった女性Aさんの事例

クライアントのAさんは小学生のとき、母親がアルコール依存症になってしまい、お酒が止められずにうつ病になった母親を献身的に看病して死を看取ったという壮絶な体験がありました。一番困っているとき、助けて欲しいときに父親は宗教にすがるばかりで母親や自分とと向き合おうとしてくれず、大きな心の傷を負ったのでした。Aさんは20年来の過食嘔吐に苦しんでおられました。

そんなAさんはカウンセリングを受けることで別人のように元気になり、大勢の人前で表彰されたり、スピーチしたりするぐらいまで回復することができました。何をやっても治らなかった過食嘔吐も改善の兆しが見えてきました。

夫がアルコール依存症だった女性Zさんの事例

クライアントのZさんはアルコール依存症の夫を10年間も支え続けました。献身的なサポート末、夫のアルコール依存症は治ったのですが、どうしても夫の子供を産む気持ちにはなれず、どうしたらいいのだろうか?とご相談に来られました。カウンセリングを受けることで、自分がまさに「共依存」だったことが腑に落ちて、夫とは離婚する話が進展しています。また、田舎から東京に引っ越して一人暮らしをしながら、ブラックな職場で働くというパターンからも抜け出して、新しい人生をスタートさせています。

父親がアルコール依存症のだった男性Tさんの事例

クライアントのTさんはお父さんが小学校のときにアルコール依存症になり、人格が変わってしまい、病んで亡くなってしまった経験がありました。その後、女性とお付き合いはしても結婚する気になれず、自分自身もストレスでお酒がやめられない状態でした。カウンセリングを受けることで「男性として女性に責任をとる」ということを学び、「父性」を身に着けることでお付き合いした女性と結婚することができました。アルコールへの依存も無くなったということです。彼女さんを連れてご挨拶に来ていただきました。

あなたは次の10項目にいくつ当てはまっていますか?

1. 父親との関係が悪かった。母親から父親の悪口をさんざん聞かされてきた

2.父親から興味・関心をもって話しかけられたことがない。父親とまともな会話をしたことがない

3.小さい頃から、親よりも自分の方が大人だと思っていた

4. 「NO」と断ることができないため、理不尽な要求に従ってしまう

5.どうせ自分の気持ちなんて誰も分かってくれないと思っている

6.自分には価値がない、自分は必要のない存在だと思っている

7.頑張り過ぎ、やり過ぎとよく言われる。休むことができない。一体いつまでがんばればいいんだろうか?と思っている

8.ずっと溜め込んできた親への恐怖、怒り、恨み、罪悪感を解放したい

9.何が異常で、何が普通なのか?自分の意見や基準がないのでわからない

10.自分がお店に入ったり、列に並んだりした途端、なぜだか急に人が増える

「あっ!まさに私のことだ!」と思ったのではないでしょうか?

5つ以上当てはまったあなたはアダルトチルドレンの部分を抱えています。

★アダルトチルドレンを根本解決して幸せな人生を手に入れる方法

★自分の【アダルトチルドレン重症度】がチェックできる30の質問

★お父さんとの関係が人生にどう影響するのか?「父性」の秘密とは?

これらに興味がある人は今すぐ下記画像をクリックして無料動画セミナーにご参加ください↓↓ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

はじめまして。アダルトチルドレン専門カウンセラー 父性の専門家 大堀 亮造(おおほり りょうぞう)です。お父さん役ができるカウンセラー日本一を目指しています。 3人の娘の父親としての経験を活かしながら、住みたい街ランキング第1位の東京 吉祥寺の一室(吉祥寺駅から徒歩7分)でアダルトチルドレン専門のカウンセリングを行っています。 2007年に心理カウンセラーの民間資格を取得してから、延べ2,259件のアダルトチルドレンのカウンセリング実績(2017年10月時点)があります。男女の比率は15:85で女性が多いですが、最近は男性からの相談も増えてきています。 私はアダルトチルドレンの専門家かつ、父性の専門家です。あなたが長年抱えてきた疑問にすべてお答えすることができます。アダルトチルドレンの人がどんなステップで、どう改善していけばよいのか?について熟知しています。

2018年1月11日にアダルトチルドレンと父性の関係について詳しく書いた書籍「なぜ、あなたのアダルトチルドレンは改善されないのか?父親から愛されなかったあなたへ」を出版しました。 ※アマゾン「親子関係」売れ筋ランキングで第1位になりました!

私の強みは、あなたのお父さん代わりとなって、ただ癒すだけの母性的カウンセリングではなく、あなたの人生を励まし、応援しながら自信を与えて自立させる父性的カウンセリングができること、普通の家庭で育った普通のお父さんなので、アダルトチルドレンに「普通とは何か?」を教えることができることです。